singular points…特異点における日常の風景

 

Friday, August 25, 2006

川本喜八郎人形美術館

川本喜八郎人形美術館(仮称)は、第4次飯田市基本計画における「人形劇のまちプロジェクト」の主な事業に位置付けられ、建設に向けた準備を進めている施設…だそうです。

現在は本体工事もほぼ終わり、2007年春のOPENに向け、これから内装・展示工事が本格化する模様ですが、展示内容もさることながら、多額の税金を投入する以上(一市民としては)常に良い企画・運営を心掛けて(というか必ず実践して)頂き、運営面でも「世界に誇れる人形美術館」にして頂きたいと思います。
BPさん、shamonさんから以前頂きました貴重なアドバイスは市役所担当者に「提言」としてお渡ししました。ちゃんと反映されるのかなぁ?それと、お飾りでない実務も有能でバリバリ働ける「館長」は見つかったのかなぁ?)

公式サイトでは展示予定の「三国志」及び「平家物語」の人形が紹介されていますので、川本ファン及び三国志ファンの方は是非ご覧下さい。
また、飯田市内のホテルなどの施設ではポストカードの配布も始まっているようですので、来飯された方へのインフォメーションを兼ねた良いプレゼント(になるのか?)ですね。

【参考URL】
川本喜八郎人形美術館(仮称)公式HP
川本喜八郎オフィシャルHP
桃園の会blog
桃缶-桃園のかんづめ- byかつらぎ月樹様
三国志学会
三国志ニュース

4 Comments:

  • 川本喜八郎人形美術館(仮称)、
    だいぶ出来上がってきたのですね。
    歩けばすぐなのにしばらく工事を見てなかったので驚きました。
    開館がとっても待ち遠しいです。
    NHKTVで「三国志」を見て衝撃を受けた事を覚えてます。
    常時展示で人形達にまた会える事が今から楽しみで仕方ありません。
    一般市民もポストカード頂きたいですね~。
    開館の時には頂けるのかしらね。

    By Anonymous nanako, at 8/26/2006 10:10:00 am  

  • nanakoさん、こんばんは。

    >NHKTVで「三国志」を見て衝撃を受けた
    「森本レオ」アフレコの孔明は素敵でした(^^♪
    あの作品は、三国志(正確には"三国志演義"ですが)を身近にした普遍的で良質なコンテンツであることには今も変わらないですね。
    また、上映会だけに留まらないイベントを川本N美術館でも定期的にやって欲しいです。

    >一般市民もポストカード頂きたいですね
    うーむ、微妙ですねぇ(-_-)
    市民だからこそ、OPEN時にポストカードやグッズを「購入」すべきかと。
    それに、OPEN1ヶ月ぐらい「高校生以下の市民は無料」とか、どうせやるんでしょうし。
    OPEN初年度から"大きな赤字"になることは間違いないでしょうし、「無理」はして欲しくないです。

    By Blogger SAC, at 8/26/2006 10:31:00 pm  

  • 桃園の会blogが運用し始めたら、フルーツカクテルに登録しようと待っているんですけれどねぇ。
    サイトも掲示板とかフォーラム全国の興味持った人を巻き込んでコミュニティー作れば、飯田でオフ会とか、人形美術館巡礼(?)とか、あればいいかもしれませんねぇ。

    「三国志がさぁ」とか話題になったときに、「ああ、魏志倭人伝のね」と言ってみたいかれいでございました。

    By Anonymous かれい♂, at 8/27/2006 09:36:00 am  

  • かれいさん、こんばんは。

    >桃園の会blogが運用し始めたら
    僕も早めにガンガン情報発信した方が良いと思うのですが…まぁ、市のご担当者もメチャクチャお忙しいんでしょうけど、ね(-_-)

    「魏志倭人伝」はともかく(笑)、川本喜八郎先生や三国志の話題で飯田が盛り上がると良いのですが。
    全国的に、世界的に。

    By Blogger SAC, at 8/28/2006 11:25:00 pm  

Post a Comment

<< Home