singular points…特異点における日常の風景

 

Monday, April 09, 2007

2007長野県議選(飯田市区)

長野県県会議員選挙:飯田市区(議員定数:3名、3/30告示、4/8投票)
※平成19年4月8日執行、長野県議会議員一般選挙

投票結果(開票率:100.00%)
当選 15,743票 小島 康晴(51歳)無所属・新人※民主党・社民党推薦
当選 11,717票 古田 芙士(66歳)自民党公認・現職※公明党推薦
当選 10,832票 小池  清 (49歳)自民党公認・現職※公明党推薦
落選  8,991票 小林 利一(59歳)民主党公認・現職
落選  8,221票 大坪  勇 (68歳)共産党公認・新人
(無効・持ち帰り:408票)
 
有権者数:85,490人
投票者数:55,912人
投票率:65.40%(前回投票率 64.48%)


あまり"地方政治ネタ"はエントリしたくないのですが、地方自治の"要素"の一つである県会議員選挙ですので、一市民の立場として一応感想を。

僕は投票日に投票所に行きたくない(し、二日酔いだったり、雨だったりすると行きたくなくなる^^;)ので、事前に「不在者投票」で済ませてしまうのですが、皆さんはどうされましたか?
今回の飯田市区の当選者の顔ぶれは"僕的"には、「予定調和(想定内、予想通り)」でした。
でも、無所属(民主党・社民党推薦)新人の小島康晴さんが、自民党現職である古田芙士さんと小池清さんを抑えてトップ当選されるとは正直驚きました。
平成16年10月に行われた飯田市長選では、次点となる17,301票を獲得していたので、当選自体は"ある意味"当然の結果なのかもしれませんが、今回は得票率が意外にも65%を超えており、(組織票に対抗できる)無党派層が持つ浮動票の取り込みにも成功した結果がTOP当選という成果に結実したのかもしれないですね。
当選のボーダーラインといわれていた11,000票を軽々とクリアし、更に4,700票も上積みしTOP当選を果たした小島さんには、これからかなり多忙な(今年度の飯田東中学校PTA会長?副会長?でもあるようですが…大丈夫ですか?)日々が続くことと思いますが、お体に気をつけて是非頑張って頂きたいです。

【小島康晴オフィシャルサイト】
【小島康晴ブログ】
【古田芙士-自民党長野県連議員紹介ページ】
【小池清公式ホームページ】
【小島清-自民党長野県連議員紹介ページ】
【飯伊の5議席決まる、飯田区は新人トップ-南信州サイバーニュース】
【小島氏「1つでも2つでも良くする」-南信州サイバーニュース】

Labels:

2 Comments:

  • そして、選挙立会いの市職の方々は、現金日当4万円を手にしたのでした・・・。

    By Anonymous Anonymous, at 4/11/2007 01:06:00 am  

  • ほほぅ、では老人ホームなどへ出向いてコストや弁当代、夜食代、事務経費を計算すると、飯田市としてはどの程度の拠出額なんすかねぇ?

    >選挙立会いの市職の方々は、現金日当4万円
    えーと、朝7時~夜23時まで稼働したとすると、8時間+残業7時間で、(基本時給1,600円×8=12,800円)+(残業時給《基本時給×1.25》2,000円×7=14,000円)+(弁当代1,000円×2=2,000円)+交通費2,000円=30,800円…ですな(-_-;)
    こんな金額を支払う民間企業はないと思いますが…ソースはどこからですか?
    アナログネタを掴んでいらっしゃったら、(新聞社にリークし)糾弾される意味はあるのでは?
    期待しております<(_ _)>

    By Anonymous SAC(匿名様へ), at 4/11/2007 02:30:00 am  

Post a Comment

<< Home